社会学用語1⃣ ~ism編~ 自由主義とは

今の社会(世界)は、〜主義という思想のもと政治家や権力者たちが行動し世界が動いています。

アメリカや日本は民主主義資本主義だったり、中国は政治的には共産主義で経済は資本主義を取り入れているとこもあったり、ヨーロッパは社会主義が強かったり、白人至上主義によりKKKが生まれたり、利己主義の人たちが増え奴隷や環境問題無視してでもお金儲けしていたり、でも結局日本人は総合的に色々考えた上で見て見ぬフリの事なかれ主義だったり(笑)、なんかよくわかんないけどそれぞれの主義主張のもと国の政治や経済のスタイルが展開されて今の世界が作られてきました。

なので、社会構造やシステムを話す上で”〜主義”の意味がわかれば社会全体が歴史的にどういう前提で動いていたかマクロな視点で捉えることができます。

簡単な例でいうと冷戦です。

冷戦

1945~1989年と長い間続いたこの戦争は、軍事だけでなく外交、経済、宇宙開発、航空技術、文化、スポーツと幅広く世界中を巻き込み、ヨーロッパ西側に集まったアメリカ合衆国側ヨーロッパの東側集まったソビエト連邦側で対峙していましたが、この戦争も何で対立していたかというと、上の世界地図の通り

西側(アメリカの自由主義(資本主義and民主主義) VS   東側 (ソビエトの共産主義(社会主義)

という2つの主義同士の戦いでした。

この2つの主義が主張しているのは世界をどういうシステムで運営していこうかという極論です。

書いて字のごとく、

自由主義はみんなの自由のために、社会主義は社会全体のために動こうという社会です。

お昼ご飯で例えると、

共産主義は、”共”にみんなで”生産”しよう!という感じで学校の給食みたいにみんなで平等に同じものを食べるようという考え方の社会を目指していて、

自由主義は、それぞれの自由にいこう!という感じでひとりひとり違うお弁当をもってきて個人個人で楽しもうという考え方の社会をめざしています。

問題点は現実がそんなに簡単にはいかないということです。

共産主義は、みんなで平等にごはんを食べようといいながらも、配膳係が仲のいい人に内緒で多くごはんよそっちゃったり、ベジタリアンの人は食べれない日でてきちゃったりでなかなかうまくいきません。

自由主義は、高級な出前を頼んで贅沢にお昼を食べてる人もいれば、貧しい家に生まれお昼ご飯を食べれず餓死寸前みたいな生徒がでたりしてしまいます。

そんな偏ったどちらかの考え方に分かれて争っていたのが冷戦だったわけですが

詳しく国を分けると

冷戦2

となって、第一世界(西側)と第二世界(東側)の境界線を冷戦中貿易を対立国同士ストップしていたことから”鉄のカーテン”と呼んでいました。

鉄のカーテン自体は比喩的表現でしたが、東ドイツが”反ファシストの防御壁”として作った東西ドイツを分けるベルリンの壁は1961年から1989年まで冷戦の一つの象徴として実際に存在していました。

冷戦の話は長いのでまた違うときにしますが、

ここでは 主義 = ~ism  第一回目として自由主義とその自由主義がもたらす社会形態について書きます。

1. 自由主義とは? What is Liberalism?

自由主義が形成されていく17世紀から18世紀のヨーロッパでは、17世紀以前にはなく今の生活の基盤になっているものがあります。

『近代科学」です。

そうです。この時期から ”信仰の時代” ➡ ”科学の時代” へと発展していきました。

その後、理性による思考の普遍性と不変性を主張し、宗教と科学の分離を促す啓蒙思想が生まれ、

人間は理性を持ち従来の権威から自由であり自己決定権を持つとの立場から、

政治 ➡ 政府からの自由 (自由権、個人主義)

政府への自由 (国民主権、民主主義)

経済 ➡ 経済的自由(私的所有権、自由市場、資本主義)

など今の日本やアメリカでの生活では当たり前となった権利を主張しました。

余談になりますが、宗教から科学の時代に代わり、特に日本ではオウム真理教やその他の怪しい新興宗教によって宗教はものすごい胡散臭いもの扱いされていますが、

天才物理学者アインシュタインも、

「宗教なき科学は不具であり、科学なき宗教は盲目である」

といっているように、

超自然的なものを証明できない科学も祈る行為などが胡散臭く見えてしまう宗教も片方を盲目的に信じるのはかなり危険であり偏った考えのはじまりだと思います。

よくイスラム原理主義はあぶない!みたいな話をテレビで聞きますが、同じように科学に頼り過ぎて弊害がでることを科学原理主義と呼びます。

そして、ほんとかどうかわかりませんが科学が発展し続けばいつか科学が宗教を証明できると言われています。そして、そのときは

科学 = 宗教、つまり宗教も科学も同じものと証明されると言われています。

2. 資本主義とは? What is Capitalism?

資本主義 (Capitalism) = (Capital = 資本、ism = 主義)

”資本=お金” の運動を社会を回す基本原理にし、”利潤,余剰価値 = 利益” を産む経済の仕組み。

はじまり

-イギリスの産業革命後、市場と労働力を国内でなく国外(グローバル化)でも得ようというところから世界に広がってた。

ペリーが黒船で浦賀にきて開国を迫ったのも、アメリカとイギリスの資本主義を日本に広めるためだったのです。後に日本は、明治維新で文明開化の一つとして資本主義を導入します。

いい点 (悪い点)

個人の利益が優先。= がんばった分だけ稼げる ⇔ 社会主義

-いいアイディアや才能を持っていればお金持ちになれる。= 実力主義

(より激しい競争社会へと発展)   (自分だけが儲かればいい = 利己主義 な考えの人が増えます。)

社会的利益はおろそかに。国よりもお金を持ってるひと(財閥など)がしばしば国よりも大きな影響力を持つことに。)

自由経済により競争社会が生み出され経済成長を促進する。= 競争社会により技術が進み、いいものがどんどんできていく工程で基本的にいいものだけが残っていくので物の質は上がっていきます。

政府や大企業など大きな権力を持つ人たちがメディアでプロパガンダなどを使う時この法則は崩れます。)

例:多くの人が原発を必要としていない現在も日本政府が原発を起動し、他の国に売りたがるのもアメリカと日本の利権が関わり簡単にやめられない状況になっていることや、農薬野菜ばかりが市場に出回っていたり、福島の野菜を「食べて応援しよう!」みたいなものは少なからずそういったものが関わっているとと思います。)

お金が社会的地位に大きく影響する。=身分制度や奴隷制度があった時代にくらべればお金さえあれば平等、もしくはそれ以上に扱ってもらえるより平等な社会。

(あまりにも社会的地位やお金にこだわるばかりに、他の蹴落としてでものし上がるものや環境への配慮を持たない輩が続々と登場する。)

3. 民主主義とは? What is Democracy?

民主主義 = Republic = 共和制 = Democracy  = デモクラシー

とは、”国家や集団の権力者が構成員の全員であり、その意思決定は構成員の合意により行う体制、政体を指す”と wikipedia にあります。

簡単にいうと、”民” が ”主” となり、国民一人一人が権力者として国の政治を行うもので、基本的には意見をだし討論し最終的に多数決で合意点を見いだしていくものです。

”国民一人一人”の意見を取り入れるのは実質不可能ということで、”選挙”という形で行っています。

語源は古代ギリシャ語の”デモクラティア”で古代ローマで共和制として存在していましたが、再び注目を浴びたのは18世紀末のフランス革命期でした。

思想、良心の自由、言論の自由、表現の自由、参政権などを認める今の日本やアメリカ社会は

立憲民主主義 (民主主義 + 自由主義)と呼ばれ、

イギリス、フランス、アメリカなどで起こった封建、絶対主義の支配から脱却し、近代的市民社会を目指す市民革命(=ブルジョワ革命)から今の流れが始まりました。

市民革命とは大航海時代以降、貿易で富を得た市民たち(ブルジョワジー)がそれまでの貴族や聖職者が主体であった体制を転覆させたことであり、

フランス革命で掲げていた”自由、平等、友愛”は、今の民主主義の土台となりました。(と、同時に理性を絶対視することであらゆることを正当化できうるという点で社会主義、共産主義、全体主義、ファシズムへも影響を与えました。)

日本に民主主義が入ってきたのは、1905年頃から始まった「大正デモクラシー」です。

世界的なデモクラシーの発展とロシア革命を背景に、資本主義の急速な発展と成長と共に日本の一般市民たちは政治的、市民的自由を自覚し、民主主義的自由の獲得を目指した運動が本格化していきました。

ここで主張していたことは主に

政治 ➡ 普通選挙制度、議会中心政治

外交 ➡ 武力的な侵略や植民地支配の停止

社会 ➡ 団結権、ストライキ権などの社会権の承認、男女平等、被差別部落民の解放

文化 ➡ 自由教育、大学の自治、美術団体の文部科学省支配からの独立

などなどこの大正デモクラシー時に、自主的集団の運動により民主主義、及び自由主義への時代思潮をつくりだした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中